ホーム > 地域 > 悪玉菌は酸性の場所では悪さが出来ません

悪玉菌は酸性の場所では悪さが出来ません

乳酸菌で胃腸を整えてみませんか。乳酸菌とは腸内細菌の一種です。

細菌には数多くの種類があるのですが、中でも乳酸を生成し、人にとってプラスになる働きをするもの、それを乳酸菌と呼びます。

では、人にとって良い働きとは、一体どんな働きをするのでしょうか?人の腸内には悪玉菌が存在します。

その悪玉菌は酸性が苦手で、酸性の場所では悪さが出来ません。

そんな悪玉菌が悪さをする事が出来無い状態、つまり乳酸菌の働きにより腸内が酸性になるのです。

このように腸の中が酸性になる事で、例えば食中毒の菌が腸内に入ってしまったりしても、酸性であれば食中毒菌にとって好ましくない状態の為、それらが増えて症状が酷くなると言う事がなくなる訳です。

また腸内が酸性である事により、大腸が刺激されて、蠕動運動が活発になります。

蠕動運動とは大腸が便を送り出す為の運動ですので、これが活発になる事で便秘が解消されるのです。

このように乳酸菌は腸内環境を整える力があるため、便秘だけでなく腸内環境の悪化による下痢などにも効果的です。

ヨーグルトやサプリメントで乳酸菌を摂取する事が出来ますので、便秘や下痢にお悩みの方は、乳酸菌で腸内環境を整えてみてはいかがでしょうか?

http://www.sharipettis.com/

関連記事

悪玉菌は酸性の場所では悪さが出来ません
乳酸菌で胃腸を整えてみませんか。乳酸菌とは腸内細菌の一種です。 細菌には数多くの...
テスト
テスト記事です。...